週に最低1本映画を観るブログ

毎週最低1本映画を鑑賞してその感想を5点満点で書くブログ。★5つ=一生忘れないレベルの傑作 ★4つ=自信を持って他人に勧められる良作 ★3つ=楽しい時間を過ごせてよかった、という娯楽 ★2つ=他人に勧める気にはならない ★1つ=何が何だかわからない という感じ。一部ネタバレありなのでお気を付けください。

『MUTE』★★★★☆


Mute | Official Trailer [HD] | Netflix

 『月に囚われた男』や『ミッション:8ミニッツ』といったSF映画の傑作を2作連続で世に出した、ダンカン・ジョーンズ監督のオリジナル作品第3弾。非常に期待していた作品なのに劇場公開じゃないんだ、と思っていたが、観てみると少し納得。細かい寓意は読み取りきれなかったが、非常に私的で内容的にはとても小さなお話だった。メジャースタジオでは企画が通りにくいだろう。だが決して嫌いにはなれない。

 

 1作目の『月に~』も2作目『ミッション~』も、今思うと決して壮大なストーリーではない。どちらも共通して、1人の孤独な、取り返しのつかない喪失に苛まれる男の物語である(なので3作目として『ウォークラフト』の実写化などといういかにもハリウッド仕事らしい作品を請け負ったのに驚いてしまった)。1~2作目はどちらも、至ってシンプルなSFのアイディアをどこまでもどこまでも転がしていった挙げ句、目を疑うような地平へと辿り着いてしまう作品である。

 そこには、生きているとはどういうことか、自分とは誰なのか、ということへの根源的な問いがあった。同時に、目を引く明確なSF的アイディア(ポスターに惹句として書けそうなこと)も含んでいた。それらと比べると、本作はそうした惹きには欠けている。

 

 パッと観てわかるとおりの「80年代~90年代初頭的SF」のヴィジュアルを用いている。退廃的な世界。進歩を止めてしまった世の中。そんな中で、たった1人の水色の髪の恋人だけを愛する孤独なバーテンの男。彼は子ども時代、親の信念が原因で声を失ってしまっていた。そして突然、彼女は姿を消す。

 実のところ、主人公の身の上や抱えている問題と、この80年代的SF表現の間にはほぼ何の繋がりもない。こういう世界観にしなければ成り立たない表現はラストにほんの少しだけ出てくるが、大半の場面は別にSFじゃなくても成り立つ部分ばかりだ。SFは当然ながら、通常「SFでなければ描けないこと」を描くために用いられる世界観。さらに、この世界が近未来の圧制下に置かれたベルリンでなければならない理由も、作中では明示されない。

 

 だが、一見するとエンタメ作品のように見える本作は、実のところ限りなく私小説に近い作品なのだろう。なぜなら「何かを描こうとして失敗した作品」にも見えないからだ。失敗した映画作品もしばしば見かけるが、それらは「本来やりたかったこと」がどこかにあり、それが上手くいかなかったことも見て取れることがほとんどである。

 しかしながらこの作品は、明らかに確信してこういう作品を作ろうとした結果、できあがった作品に思われる。わかりやすさを放棄している作品というか。驚きや意外性、衝撃、あるいは過度な感情の揺さぶりによって観客を振り回そう、という気持ちがおそらくはなから無い。ただ1人の男が傷つき、終わる物語である。

 この手の作品につきものの派手なアクションシーンもこれといってない。そればかりか、アクションシーンが来るのかと思ったらすでに終わっているカットに飛ぶところすらある。正直、観ていても今何が起きているのかわからなくなるところも多々あった。登場人物は非常に少ないが、誰が誰でどういう関係の人たちなのか、ほぼ明示されないので「えーっと、何だっけ?」と混乱する。そもそも主人公が言葉を発することが出来ないのも、情報が整理できない状況を加速させる。正直言えば釈然としないシーンもいくつもあった。

 

 のだが、総合的に言うと嫌いにはなれない作品。ヴィジュアルイメージの美しさ(下品に堕しきらない映像美)と、登場人物の抑制された演技、幅の広い解釈を可能にする脚本。村上春樹がSFを書いたらこんな内容になるんじゃないかな、と今、ふと思った。すべての要素に何らかの意味を感じるのだが、一貫した解釈は困難で、しかし常に何かを訴えかけられているような感覚だけをずっと覚える。女性の描き方にも共通した印象がある。あるいはカズオ・イシグロ作品のような感覚。さらに言い換えると、『ブレード・ランナー』を観たときの感触にやや近いかも知れない。まあ、あちらのほうがSFである必然性があるのだが。

 おそらく、監督の心象風景を描くためにはこの「懐かしい未来」の描写が不可欠だったのだろう。それが他人に届くかどうかは別にして。万人に勧める気にはとてもならないが、個人的にはまた観たくなる日が来るかも知れない作品。

『探偵はBARにいる』★★★☆☆

 

  初めての真面目に芝居をしている大泉洋を鑑賞。『水曜どうでしょう』はClassicで流れているエピソードは全部観ているくらいのファンではある。だが演技をしているところは一度も観たことがなかった。
 ★は3つだが、決して悪くない3つ。深みとか重厚さとは無縁の映画だが、非常によく出来た邦画のサスペンス佳作。これは大泉洋でないと撮れなかっただろう。

 

 ストーリーそのものは「夜はバーに必ずいる探偵にやってきた謎めいた依頼を解決する」という至ってベーシックなもので、探偵の描き方も工藤優作を彷彿とさせるベタなもの。音楽も大野克夫的なジャズで、オールディーズのかっこよさはあるが先鋭性はない。
 というよりどこをとっても先鋭性も斬新さもない。とにかく泥臭い要素しかない作品で、最初のうちは観るのをやめようか・・・・と思う部分もあったのだが、次第に引き込まれていく。重要なのはまず、メイン二人のキャラの良さ。

 

 大泉洋はとにかくクサいのだが、これはもうワザと。クサい台詞とクサい振る舞いでクサい設定のハードボイルド探偵をやっているのだが、これを大泉洋が真面目にやることで結果的にバランスが取れているのだ。彼の場合、どれだけ誠実にやってもどこかとぼけてしまうので、これぐらい恥ずかしいくらいのキャラクターをやった方が釣り合いが取れるのだろう。逆に面白おかしいキャラをやってしまうと、面白おかしくなりすぎてしまうかも知れない。三枚目に二枚目をやらせるというのは正しい判断。
 基本的にはどこから観ても「ザ・大泉洋」なのだが、普段が芝居がかっている分、演技をしていても逆に作り物感がない。むしろ、たまにカッコいいことをすると「意外とカッコいいじゃん」とプラスに働くのは得だと思う。

 

 そして相方役の松田龍平も、意外と台詞も少なく目立たないのだが、激しいアクションで大活躍。想像していなかったが、この映画アクションシーンで結構魅せてくれるのだ。かなり危険を伴いそうなバトルもスタントなしでやっていたりして目を見張る。
 さらに、脇を固める役者が誰も彼も上手い。中盤に出てくる「クズのおっさん」役の役者が目に焼き付くような演技を見せてくれるのもよい。悪役もやたらアクが強いが下手ではないので恐怖感も凄みもある。ヤクザ役の松重豊というのも(どうしても『孤独のグルメ』を思い出しがちなので)ストイックな怖さが魅力的。アイドル的な俳優が一人も出てこないので、安心して観ていられるのが嬉しい。

 

 また、大泉洋が特にそうなのだが、滑舌がよいのだ。当たり前のことなのかも知れないが、邦画ではこれが本当にストレスになる。「え? 今なんて言った?」と聞き返したくなるような演者が平気で主演を張ることが多い中(字幕入れろよ、と思うことが多々ある)、この作品は全員はっきりとした台詞回しで、しかも芝居が上手い。ストレスフリーなのはそれだけで点になる。

 シナリオも、驚きこそ少ないかも知れないがよく練り込まれていて飽きが来ない。登場人物全員にきちんとドラマが存在している。過度な外連味が無くても、芸術性を出そうという欲が無くても、社会に対する問題提起が無くても、単なる二時間ドラマに堕さないだけの内容がある。

 

 ここまで褒め称えていて★3つなのは珍しいが、やはりウェル・メイドな作品で、生涯記憶に残る大傑作という感じのものではない。なのでこの評価、だが、観て損をすることはまずないだろう。疲れているとき気軽に観る映画としてオススメ。

『MEG ザ・モンスター』★★★☆☆


THE MEG Official Trailer (2018) Jason Statham Shark Movie HD

 楽しみにしていたサメ映画。今まで観たことがあるサメ映画は『ジョーズ』『ディープ・ブルー』『シャークネード』と決して豊富ではないが、知的風ハットさんの動画でサメ映画レビューはふんだんに観ている。つまり大して数観ているわけではないが、無駄に頭でっかちになって妙に期待してしまっているタイプのたちの悪い客である。

 

 

 さて、今作はどうか。スター、ジェイソン・ステイサムを主演に迎え、中国の資本も投入し、メガロドンというアイディアもあって期待値充分・・・・だったのだが、何かと惜しいところが散見される映画だった。非常に惜しい。

 アメリカの観客にはいろんな人種をキャラに据え、中国の客には中国語のセリフで感動的なシーンをくわえ、さらにサメ映画好き日本人へはマシ・オカの活躍で目配せを忘れない、といろんなところに目は行き届いているのだが・・・・もっと大切なことはいろいろあると思う。

 

 まず、細かいSF考証に対する疑問や、シナリオの唐突さ、科学者のアホさ加減などはサメ映画なのでよしとする。

 なんでそこでそんな作戦になるんだよ、とか、他に手段があるだろ、とか、そんなことしてるから襲われるんだろ、とか、頭から終わりまで気になるところは大量にあるのだが、そんなことを言い出したらそもそも「サメは用もなく人を襲ったりしない」「深海魚が水面近くに上がってきたら即死する」という前提すら壊れてしまうので、気にしない。とにかくサメ映画を構成するために不可欠な要素はどれだけ無理があっても許容するつもりで観ていた。

 キャストも、「個性のやたら強い女性」「デブ」「やたら陽気でビビリの黒人」「金持ち」「研究者」などフリとしては十分すぎるぐらいに配分されていて、いつ何が起こるかワクワク感は絶え間なくある。

 

 のだが、肝心のサメそのものの怖さがなかなか伝わってこないのだ。今作のサメは「とにかくデカい」が売りのはずである。それなのに、引きの絵で「こんなにデカい」と示すシーンが一向に出てこない。なので今ひとつ、どれぐらいデカいのかがよくわからないのだ。むしろ、ポスター類のほうがよほどよくそれを表現出来ていた。

f:id:shoshikisodo:20180910002940j:plain

 ちなみにこういうシーンは無い。

 深海に出現する凶暴な巨大生物、という怖さを描くには、薄暗い中に現れる巨大な身体の描写が不可欠だと思うのだが、なぜ入れなかったのだろう。さすがに試さなかったとは思えないので、CGでやると思いの外チープに見えてしまったのかも知れない。

 

 また、どうにも話の盛り上げにまとまりが無いのも物足りなさを煽る。一個一個やっていることは割りと派手なのだが、少しずつ激しく、ヤバくなってくる、というような整理ができていないので、「これよりもヤバくなるってなったらいったい何が起きるんだ!?」という緊張感が生じにくい。

 研究施設で1人が襲われる⇒施設そのものが窮地に⇒何とか撃退か⇒サメはビーチへ⇒何とか倒さなくては! のように、「追い詰められてから反撃に転じる」みたいな感情の流れがこの手のパニック映画には必要だと思うのだが、なにせステイサムが強すぎるからか反撃に転じるターンが何回もやってきて、しかしもう一つ決定打にならない、という展開が繰り返されてしまう。サービスシーンをたくさん入れたかった気持ちはわかるのだが、アイディアは整理しないと死んでしまう。

 

 また、これはレイティングのためかもしれないが、いまいち人が死なない(笑)。いや、死んではいるのだが面白く死なないし印象にも残りにくいのだ。残忍な死に方で言えば全年齢向けの『ジュラシック・ワールド』のほうがよっぽど怖そうに見えたので、これは単純に監督の技量の問題だろうか。一杯死ねばいいとか血が一杯出ればいいという問題ではなく、見せ方が上手くないのだろう。

 また、個々のキャラの描き方も上手くはないので、死んだところで「ああ死んだのか」というぐらいの感情しか浮かばない。「パニック映画の登場人物が死んだ」という字義通り以上の印象がないのだ。物語の中で「ああこういう人なんだな」と感じた後で死んでくれれば、ろくでなしであっても喪失感を覚えさせることは可能だと思うのだが。テンプレ以上の人物が1人も出てこないのは脚本の詰めの甘さの問題だろう。

 CGとか演者と違って脚本は努力によって向上させることが可能なのだから、もっと頑張ってもらいたかった。とはいえ、笑えるところも多数だしやっぱり平均以上に金は掛かっているので、脳みそ空っぽになってサメが出てくる映画を観たい人にはオススメしたい。

『ザ・ギフト』★★★☆☆

 

ザ・ギフト[DVD]

ザ・ギフト[DVD]

 

  公開時に「アメリカで高評価」との評判を見て観たいと思っていた作品。サイコサスペンス映画・・・・と言っていいのだろうか。演出が上手いので途中までは大いにドキドキしながら観たのだが、オチが拍子抜けだった。

 

 夫の高校時代の知人と引っ越し先の近所で出逢い、やや人付き合いの不器用な彼がプレゼント=ギフトをくれる、それを繰り返す・・・・という内容。ポスターを観ていたときはさぞかしおそるべきギフトをくれるのだろう、と思っていたのだが、彼からリボン付きで届くギフトはワインなど比較的常識的なものばかり。そこが面白い話ではない。

 どちらかというと、夫・サイモンと知人・ゴ―ドの人間関係、いじめが人の人生にもたらす影響、いじめっ子のメンタリティ、因果応報、といったことについて総合的に描いている作品と感じた。もちろん、ラストシーンで本当の「ギフト=恩恵」も登場するのだけれど。大人になってから、過去のいじめについて描くというアイディア自体は面白いと思うのだが、この描き方が果たしてベストのものだったのかはいささか疑問符がつく。

 

 物語のどの部分を最も描きたかったかにもよるのだが、いじめとその復讐とそれに巻き込まれる妻、という観点でサイコサスペンスを作るのなら、もう少しわかりよい形はなかったのだろうか。過去のいじめと同じ構図をサイモンが受け入れざるを得なくなるとか、何か周到な策が巡らしてあるのならラストシーンも衝撃があるのだが、ゴードが行ったことは比較的ベタな「薄気味悪い」復讐でしかない。

 作り上げられた過去のせっかくの特異なシチュエーションも、現在のシーンで生かされなければ単なる回想の語り以上にはなりえない。サイモンが仕事を失ったのも単に彼が未だにいじめっ子メンタリティで仕事をしていたから、自業自得というだけのことで、別にゴードが何かをやったわけでもない。

 

 ラストシーンの「ギフト」が開けられるシーンに過度なカタルシスを期待してしまったのも、まるで今までのシーンがすべて前振りであるかのように見えてしまった、いったん物語から退場した人物が実はとんでもない秘密を隠し持っていたかのように思わせてしまった演出が理由だと思う。正直言ってゴードのとった「行動」は想像の範囲内だったので、そこまで驚きはなかった。

 見せ方を凝ってオチに期待を抱かせすぎると、「どんでん返し」への過度な期待が高まりすぎる。純粋に深刻な人間ドラマとして、いじめっ子が失墜しすべてを失う物語として描いたほうが面白かったのではないだろうか。

 

『ザ・ギフト』最悪の贈りものとは?(映画ネタバレなし感想+ネタバレレビュー)

 

 こちらのブログでは、ゴードの行った復讐がいかにサイモンのやったことと同質か、そしてどこが異なっているか、が解説されていた。確かにそれは正しいかも。

 ただ、だとするとサイモンは妻に捨てられるのではなく、子どもを愛さなければならない状況に置かれ続けるほうが面白いのではないだろうか? どうもこう・・・・細部の練り込みが釈然としないんだよなあ。

『機動警察パトレイバー2 the Movie』★★★☆☆

 

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

機動警察パトレイバー2 the Movie [Blu-ray]

 

  2作目。なんとなく思ったが、『攻殻』でも『うる星やつら』でも、押井さんは映画の2作目になると作品の前提を壊したくなるのだろうか。『パトレイバー』も含め3作ともそうなのだが、「これ、このシリーズでやらなくてもいいよね」という内容。内容自体は濃いのだけれど。

 1作目はがっつりレイバーの格闘やキャラの愉しさがある「パトレイバーらしい」内容だった。対してこちらは、日本を舞台にした戦争(未遂)映画としては緊張感がすごい、秀逸な内容なのだが、一方でパトレイバーの世界観でやらなければならない必然性は全くない。レイバーが出てくるシーンを別の、戦車とかで置き換えてもすべて成立する。そもそもレイバーが出てくるシーンがほとんどない。

パトレイバーらしい」というのは作品世界に仕込まれた前提をきちんと使った、シリーズの中に配置される理由がある内容、というぐらいの意味なのだが、この作品でやっているのは自衛隊によるクーデター、日常に戦時が入り込んでくる静かな恐怖、そしてその事態から宿命的に逃れられない女性・南雲、あとはオッサンを描く、といったあたり。それに、レイバーは一切絡まない。

 

 音も立てずに壊れる日常、溶けるように侵食してくる戦時、それを何も言わず漠然と受け入れていく一般人たち、の描写の不気味さは極めて秀逸。大きくわかりやすく盛り上げることもなく、この内容を淡々と緊張感を保ちながら描き続けるのはかなり難しい。通常、映画は明確な構成を保っているが、この作品の場合はただじわりじわりと緊張が高まっていく一方。実際に戦争が始まるときは、こんな感じなのだろうな、と容易に想像させてくれる。大震災が起きたとき同様、戦争は日常なのだ。日常と地続きに、何の結節点もなく、馬鹿馬鹿しいほど平然と始まるのだろう。

 

 だがそれはそれとして、それをこの設定で描く意味がどこにあるのか、特車二課の数年後として描いてどうするのかと言えば、特にない。単にやりたいことをやるチャンスがここにしかなかったからやっただけだろう、とすら思える。

 実際、オリジナルのアニメ企画としても実写企画としても成り立たない種類のプロットなので、ここでやるしかないのはよくわかる。わかるのだが、どうなのだろう。もう少しレイバーの世界観を生かすやり口はなかったのだろうか。

 前作がエンタメ邦画なら、本作は文芸的な戦争邦画として画期的な作品だろう。非常に凄いことしていて、実写でこのレベルの内容をやるのは間違いなく不可能。観る価値はある。だが、これはパトレイバーではない。

『機動警察パトレイバー 劇場版』★★★★☆

 

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

 

  パトレイバーと言えばゆうきまさみのマンガ、というのが小学校以来の筆者の思い込み、思い入れなので、押井守の映画は長らく観てこなかった。機会があって一気に2本視聴。

 1本目は期待通りの「パトレイバー」だった。

 

 作品内容は1989年の日本のアニメとは全く思えないとんでもなく先鋭的なテロの物語で、当時の一般市民は「OSの載せ替え」とか言われても全く意味がわからなかったと思うのだが、どうなのだろうか。まして、共振現象とか音声認識とかコンピュータウィルスとか、現代の映画で取り上げても斬新と呼ばれそうなアイディアが満載。

 また、『シン・ゴジラ』でも出たモティーフだが、「すでに死んでいる人物による緻密な作戦の実行」「愚かな上層部に振り回される現場の人間が決死で戦う」あたりも熱い。天才による止めようのない悪に立ち向かい、自動で動き出す機械の恐怖、それに立ち向かうのはあまりに人間くさいヤツら。「観たいな!」と思う要素がこれでもかと詰め込まれている。

 

 惜しむらくは尺が短いところか。100分弱しかないのにドラマが詰め込まれているのでやや駆け足の印象。犯人の作戦を遊馬が解き明かす下りも(これも『シン・ゴジラ』と同様だが)複雑な推理と専門用語の列挙をとんでもない短時間で、しかも映像的な説明も抜きにし、さらには小声でぼそぼそとやってしまうので一生懸命聞かないとよくわからない。もちろんわざとなのだろうけれど。

 押井監督作品は『攻殻』『イノセンス』『ビューティフル・ドリーマー』『スカイ・クロラ』あたりは観ているが、それらの作品と比べても衒学的な語りのシーンが少なく、きっちりエンタメをやっているし、特車二課のキャラも存分に生かされているいい脚本。でも松井刑事たちの捜査の下りは『うる星やつら』を思い出す幻想的な日本の街の描写で、それも程よい長さで見やすい。いい意味で邦画エンタメらしい良作でした。

 

 2作目でも感じたが、鳥を大きく扱う演出は何なのだろう。意味深だけれど。意志なきはずの者たちが突然人間を襲い始める、という意味でヒッチコックの引用かな。

『トッツィー』★★★☆☆

 

  記念すべき100本目の記事(一応)なので何の映画にしようかなーと思案していたのだが、仕事の事情で観なきゃいけなくなった本作に決定。前から観ようと思ってはいたのでいいけれど。感想は、よかったのだけれど・・・・という感じ。

 

 とにかく圧巻はダスティン・ホフマンの化けっぷりで、言われなければ「こういう個性派女優」と思って済んでしまいそうな役作りぶり。というか、こういう人いるよなーという感じの中年女性になりきっていて、しかもその変貌ぶりがほとんどメイクと演技で成り立ってるのが凄い。

 声もハスキーだがギリギリなくはない女性の声だし、物腰は見事。劇中、男性の姿のまま鏡を見て練習するくだりもあるのだが、練習を始めた瞬間、ちょっとした姿勢や手の動かし方だけで一瞬で女性っぽい雰囲気を醸し出す。ホフマンは他の映画だと演技が神経質すぎて疲れてしまうことが多いのだが、コメディでは愛すべき残念な俳優を演じきっていた。

 

 とにかくアイディアがいいので最後まで乗り切ったら★4つだなあ、サイドのビル

・マーレィも味があるし・・・・と楽しく観ていたのだが次第に後半になるにつれ、プロットのまとまりのなさが目につくように。傲慢な俳優が女優になることで何を描こうとしているのかが、今ひとつはっきりしてこないのだ。「周囲の人を困惑させてしまったから反省しなければならない」という方向に物語が収束していくのは食い足りない。

 そして最後の下り。これはちょっとないでしょ、と思ってしまった。というより、何も解決していない。正体を明かして、終わり。小粋な会話で、二人の物語はこれから始まる!的エンド。

 そもそも、物語の冒頭でも主人公の問題点が「傲慢で他人のことを顧みないから仕事がない」くらいしか設定していないので、正直解決するところがほとんどないのだ。男女の性差別についてもうちょっと切り込めれば確実に大傑作になり得たのだが、時代的限界か、もう女装はおしまい、というだけで終わってしまう。

 

 それに、主人公がこの仕事をしてまで何とか実現しようとしていた大切な舞台は、いったいどこへ行ってしまったのだろう? 看板だけで1ミリも描写されずに終わる。てっきり、この芝居がラストシーンになると思っていたのに。

 たとえばその舞台の中で、ずーっと「いる」とか「いらない」とか言っていたネクタイのシーン。これが主人公の男性性の象徴として登場するとか・・・・それをヒロインが客席で観ているとか・・・・思いつき程度の発想だけれど、ここで主人公とヒロイン、そして傷つくだけ傷ついた主人公の女友達、さらにドラマの共演者たちとの橋渡しを作ることも出来たんじゃないだろうか。2時間の上映時間を遵守するために消滅したのだろうか。だったら中間の、ヒロインの父親に迫られる下りはもっと縮めてよかっただろう。

 

 現在の視点からリメイクして欲しい作品。★はほとんど、ダスティン・ホフマンの演技に対するものです。