週に最低1本映画を観るブログ

毎週最低1本映画を鑑賞してその感想を5点満点で書くブログ。★5つ=一生忘れないレベルの傑作 ★4つ=自信を持って他人に勧められる良作 ★3つ=楽しい時間を過ごせてよかった、という娯楽 ★2つ=他人に勧める気にはならない ★1つ=何が何だかわからない という感じ。観賞に影響を及ぼすような「ネタバレ(オチなど)」は極力避け、必要な場合は「以下ネタバレあり」の記載を入れます。

『仁義なき戦い』★★★★☆

仁義なき戦い

仁義なき戦い

 

 戦後の動乱期のヤクザ者の生き様を活写&広島弁の快楽

 

あらすじ

終戦直後の呉。広能昌三は復員後、遊び人の群れに身を投じていたが、山守組々長・山守義雄はその度胸と気風の良さに感心し、広能を身内にした。まだ小勢力だった山守組は、土居組との抗争に全力を注ぐのだった。その土居組を破門された若頭・若杉が、山守組に加入。若杉による土居殺害計画が進む・・・。(amazonより)

 

 ヤクザ映画はあまり観てきておらず、せいぜい『アウトレイジ』ぐらいのもの。名作と名高い本作をようやく観て、ああ、こっちが元ネタか、と納得いった。あの有名なテーマ曲も、この作品のものだとはちゃんと認識していなかった。恥ずかしい。

 まず冒頭の呉の描写を観て、『この世界の片隅に』の数ヶ月後にはこんなことが同じ場所で起きていたのか・・・・となんとも言えない気持ちに(笑)。まあどちらも現実だろう。闇市の大きなオープンセットに、結構金の掛かった映画だと驚く。

 

 ストーリーの軸自体は非常にシンプルで、「誠実な主人公が、老獪あるいは愚かな人々の政治抗争に巻き込まれ翻弄され、最後まで誠実に孤独に去って行く」という類型。政治的な要素が含まれている作品だと、よほどひねったもの(主人公がトリックスターとか)でなければこういうストーリーになるだろう。

 菅原文太演じる主人公の終始寂しげな表情が魅力的で、その分、周囲の金と権力にまみれた人々の薄汚さが際立って面白い。個人的には田中邦衛演じるやくざの小物感が笑えてよかった。群像劇としては意外なほど複雑で、誰がどの組織に所属しているのか、それぞれがどんな関係性にあるのかはそれなりに頑張って把握しようとしなければならない。

 

アウトレイジ』は裏の世界の薄汚さ、愚かしさを(極端すぎる暴力、一見かっこうよさそうに見える主人公も含めて)笑い・嗤いの対象として描写しているが、本作ではあくまでヤクザものをかっこうよく描こうとしている(やっていること自体はわりと狭い範囲での利権争いなのだが)。

 これを身近に感じ、共感・感情移入出来るかどうかが、本作に深くのめり込めるかどうかの分水嶺になるだろう。筆者はどうしても、一歩引いて観てしまう。情にほだされてしまう人物が居る分、『アウトレイジ』より本作のほうが視線が優しいとも言えるだろう。

 それと、飛び交う広島弁は正直かなりの部分わからなかったのだが、それでも充分楽しんで観賞可能。真似したくなりますね。シリーズをこれから全部観るのが楽しみ。

『ライアー・ライアー』★★★☆☆

ライアー・ライアー (字幕版)
 

ひたすら笑わせるベタすぎるくらいのハートウォーミングコメディ。でもこういうのいいよね

あらすじ

ウソが得意な弁護士が、息子の誕生日の願い事によって1日だけウソをつけない体になってしまったことから大騒動が巻き起こるハートフルコメディ。(amazon.comより)

 

 期待通りの「昔懐かしハリウッド式ハートウォーミングコメディ」。ベタすぎて苦笑するところも多々あるが、でも子供の頃、好きだったのはこういう笑いだった気もする。

 なにしろ主演がジム・キャリーなので、オーバーアクト連発で力業の笑いを取ってくる。ノリにノッている時期だったというのもあって芝居はキレキレだが、今の視点から見ると小っ恥ずかしい顔芸や動きも多い。とはいえそれでも笑わせてくるのはさすがだったが。

 

 筋立てはあらすじに書いたとおりで、これ以上でも以下でもないし、このあらすじから想像するとおりのストーリーが展開される。期待は一切裏切られない。嘘をつけなくなった嘘つきがどう苦しみ、どう変化していくかが息子への愛を軸に描かれていく。

 ただ、主演俳優に意地悪い要素が全然ないので、嘘つきと言っても不愉快な類いではない。むしろ愛され系でお調子者で、悪気があって嘘を吐くと言うより目の前の人を喜ばせたいがために出任せを言うタイプ。なので、『クリスマスキャロル』的な変化を期待すると肩すかしを食らうかも。

 

 また、ネタの広がりを考えると尺が足りていないかも知れない。ファミリームービーなので100分程度に抑えたかったのだろうが、まだまだやれることは多いし、嘘をつけなくなった影響で周囲に巻き起こる事態はもっとたくさんあっただろう。

 秘書との関係性なども書き込みが足りず、何が起きているのかよくわからないし、肝心の裁判もいまいち収拾つかずに終わったように感じられる。今リメイクしたら、「嘘をつけない」というテーマはかなり広がりを持たせられるだろう。大統領を主役にして、ぐらいのことを今のハリウッドならやるかも知れない(笑)。

 

 だが、もちろん本作も悪くはない。こういうただ笑えるだけで終われる気持ちのいい映画(ポップで愉快なオーケストラBGM付き)は、最近本当に少なくなったように思う。たまにはこういう、クリスマスにでも観られそうな作品に出会いたい。

 ・・・・意外と平気で下ネタエロネタも突っ込んでくるので(全然えぐくはないけど)、小さいお子さんが居る場合はご注意を。

『バニラ・スカイ』★★★★☆

バニラ・スカイ [Blu-ray]

バニラ・スカイ [Blu-ray]

 

ヒロイン二人の圧倒的存在感。しかし、これはトム・クルーズが演じるべきだったのか?

あらすじ
美貌と富と才能を兼ね備えた出版会の若き実力者、デヴィッド。マンハッタンの豪邸に暮らし、ベッドには美しい金髪の女性歌手ジュリーがいる。誰もが羨むような毎日を過ごすデヴィッドが、ある日運命の女性ソフィアと出会ってしまう。しかしその瞬間から彼の運命は思いもよらない方向へ転がりはじめる。愛、セックス、憎しみ、夢、友情、仕事…、嵐のように降りかかる出来事の果てにデヴィッドが目にしたものは…。 (amazonより)

 

 筆者はトム・クルーズのファンで、トムが出ているというだけで映画を観ようと思うぐらいには好きなのだが、本作に関しては「果たしてこれはトムであるべきだったのか?」という印象を拭えなかった。

 

 まず素晴らしいのはヒロイン二人の熱演。ペネロペ・クルス演じるヒロインはまさしく女神という美しさと愛らしさで、トム・クルーズという非常に独特の存在感を持つ主人公と相対しても全く負けない魅力がある。

 彼女の演技や立ち居振る舞いは、シナリオ上の事情で特殊な条件を大量に求められるのだが、その求めにしっかりと答えている。

 

 また、キャメロン・ディアス演じるもう一人のヒロインも同格に素晴らしい。非常に難しい役を幅の広い演技力でカバーしきっている彼女がいるからこそ、本作は成立している。カート・ラッセル演じる精神科医も絶妙で、金持ちの夢のような生活が連発される本作の中で「現実感」を差し込むことに成功している。

 

 と、非常に繊細な内容を見事なキャストによってギリギリのところで成り立たせている作品で、個人的にも描かれている内容はとても好みなのだが、唯一気になったのが肝心要のトム・クルーズである。

 

 筆者は、ある時期からトムが異常なまでに過激なアクションばかりをこなすアクション俳優に成り果てたのか(いや、それが大好きなのだが)が不思議でならなかったのだが(若い頃は演技で充分名を馳せていた)、本作を見てそれが良くわかった気がする。
 トムは演技、感情表現などは大いに豊かなのだが、一般の観客が感情移入するべきキャラクターを演じるのが上手くない。特に本作の場合はその共感が非常に重要な要素になってくるが、この主人公のことを憐れむべき人物とみなせるか、愚か者とみなすかは人によって大きく異なってくるだろう。

 

 筆者は最後まで微妙なラインだった。「嫌いにはなれない、しかし好感も持てない」、というのが正直な印象。
 現在のトム・クルーズが演じているのは、いずれも感情移入の必要がないスーパーヒーローか、異形の人物。たまに『宇宙戦争』のように普通の父親を演じてみようとすると総すかんを食らう(個人的には好きな映画なのだが)。あの特有のクルーズ・スマイルがなじむような役を探すのはなかなか骨が折れそう。

 

 物語全体にたゆたう雰囲気、映像作りも含めて本作はとても素晴らしい。だが、主演がトムじゃなければもっと好きになっていたかも・・・・とは、正直思う・・・・でも、それだと引っかかりがなさすぎる普通の良作になってしまっていたのだろうか。

 例えば主演がジェイク・ギレンホールだったら? ロバート・ダウニー・ジュニアだったら? クリスチャン・ベールだったら(これはいいかもしれない)? 悩ましいところだ。★一個欠けてしまったのは、この今一歩の食い足りなさにある。

 

(追記:どうしてトムでこの話を、当て書きなのか?と思って調べてみると、案の定、これはスペイン作品のリメイクらしい。元ネタでもヒロインはペネロペ・クルス。そちらもいつか観てみようと思う。下が原作の映画)

オープン・ユア・アイズ

オープン・ユア・アイズ

 

 

『ファーゴ』★★★★☆

 

虚無を味わわせるノンフィクション風フィクション。しかし今は、もう一歩先が見たい

あらすじ

自動車ディーラーのジェリーが、借金返済のために軽い気持ちから、裕福な家庭で育った妻の偽装誘拐を工作し、義父からなんなく身代金をせしめようとした。誘拐を頼んだ大男と小男のコンビ。単なる偽装誘拐のはずが、運悪く死者3人を出す凶悪殺人事件に発展してしまう…。(amazonより)

 

 コーエン兄弟作品は『ノーカントリー』『バスターのバラード』あと一本なにか(印象が異常に薄い)に続いて4本目のはず。評判も高いので以前から期待していた作品。
 結論から言うと、非常に良くできていて期待はずれではなかったが、「ああ、こういう感じか・・・・」という感は否めない。これが筆者が映画ばかり見ているせいなのか、それとも時代性の問題なのかは難しいところだが。

 

 内容は、狂言誘拐の予定が妙なことから計画が狂っていき・・・・というサスペンス。間が悪く、良く言えば不器用、正直に言えば愚かな主人公が目先の金のために始めたくだらない行動、そして巻き起こる過剰なまでの暴力、という点は北野武作品を思い起こす。

 ボタンの掛け違い、などという上等なものではない、問題は登場人物ほぼ全員が自己を過信した愚か者である、というところにあった。

 

 冒頭で提示されているように、あたかもノンフィクションであるかのような妙なリアリティのある内容である(実際にはそういう体裁のフィクション)。巻き起こる出来事や劇中のセリフの生っぽさ、悲劇から受けるどうしようもない虚無感などは、現実で起きた絶望的な犯罪と近しいものがある。

 映画やドラマの犯罪は、何かを学ぶ余地があるように作られている。現実のそれにはそんな優しさはない。

 

 ただ、そのあまりの生っぽさが逆に、果たしてこれをフィクションで描く意味とは何かを考えさせる。「空っぽな犯罪」の空っぽさをピンポイントで抽出した物語なので、そういうストーリーとしての存在価値は大いにあるのだが。

ノーカントリー』の救いの無さとも違い、ただぽっかりと存在しているような不思議な味わいの事件。コメディ的な佇まいも、たけし映画と共通しているところだろう。

 

 もしかしたら筆者個人が寓話性を作品に求めすぎるのかもしれないし、あるいはこうしたタイプの「アメリカ犯罪ドラマ」を見すぎているのが悪いのかもしれない。

 見ごたえはしっかりあり、登場人物のキャラクターはどれも強烈かつ現実でも見覚えのあるものばかり。強いてまとめるなら、「男は皆愚か」といったところだろうか。なんだか文句を書き連ねてしまったように見えるが、良作です。おすすめ。

『ゲット・アウト』★★★★★

周到に組み上げられた現代の寓話。自分の眼差しは「誰」のものなのか

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家へ招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ! 」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい"と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。(amazonより)

 

 事情あって資料として観なければならないのだが、とにかくこわがりでホラーが苦手なので、実はあらすじを全て把握した上で観賞した。制作者には本当に申し訳ない気持ち。しかし、何が起こるかわかっていないと怖すぎてとても観られなかったのだ。

 非常に恐ろしいと評判の本作だが、個人的には恐怖のベクトルが、通常のホラーとは異なって感じられたのが面白かった。現実に存在しうる恐怖を、寓話の形で示して見せた本作は、確かに脚本を評価されるべきだろうと思う。

 

 ネタをばらしすぎてしまうとあまり面白くないので、できるだけ具体的に描写しないように語ると、本作は「他者の視点」とはどのようなものなのか、について描いているのだと思う。

 たとえば民俗学文化人類学のような学問は、遠く離れた場所に居る(とその時点で感じている)民族や集団に深く入り込み、彼らのものの見方、考え方を学び、分析し、ひるがえって自分たちの文化を顧みるところに元々の意味があった。

 しかし、80年代後半から90年代にかけて、そうした姿勢に対して強い批判が学内外からわき出るようになった。つまるところ、それはある文化とある文化の間に存在する力関係を無視しているのではないか、他者の視点を無批判に(あるいは感傷的に)奪い取っているだけなのではないか、という問題が出始めたのだ。

 

 そもそもが「遠く離れた見知らぬ文化の部族の人々と親しくなることで、自分たちの文化の愚かしさを反省するべきだ・・・・」というロマンティシズムが、こうした異文化の研究にはどこかに存在していたので、こうした批判に対してはなかなか有効な反論(新たな解答)を生み出しにくい。

 すくなくとも、筆者が大学で勉強していた2000年代後半頃は、未だに批判に絡め取られているようだったと記憶している(全然優秀な学生ではなかったので、学問の先端ではそんなことなかったかも知れないが)。

 で、この映画は、そうした形での「他人の視点の収奪」について描いている・・・・のだと、筆者は思ったのだ。

 

 かつてアフリカ系アメリカ人に向けられていた直接的な差別の視点はもちろん今でも大いに残っているけれど、問題はそれだけではない。当事者にとっては、「下に見る」以外の形であっても不愉快になり得て、差別になりうる。それを、非常に上手い形で描き出しているのがこの作品だと思う。

 憧れ・愛情・希望・欲望・尊敬、といった、通常であればプラスに働くはずの感情。たとえば障碍者に対して、「一生懸命生きている努力の人」というような眼差しを向けることが、果たして素晴らしいことなのか。その皮を一枚むいた下には、結局「自分たちとは違う連中」という意識が蠢いているだけではないのか。

 

 本作は、表面上で起きている出来事そのものよりも、その下で動く人々の感情や考えのほうが遙かにグロテスクで、気味が悪い。そこをシンプルなアイディアでえぐりとった監督の手腕は、さすがコメディアン出身、そして当事者だけあって鋭く、皮肉に満ちている。

 観ようによってはこれはコメディにすらなり得るだろう。秀作。

『ハッピー・デス・デイ 2U』★★★★☆


ハッピー・デス・デイ 2U (2019) - シネマトゥデイ

なるほど、の手法で登場人物たちを掘り下げ、まさかの涙もアリの秀作続編

あらすじ

誕生日の繰り返しから抜け出して翌日を迎えたツリーは、恋人のカーターと充実した生活を送ろうとしていた。しかし、今度はカーターのルームメイトのライアンがタイムループに巻き込まれ、謎の殺人鬼に狙われてしまう。やがて、すべての原因が、ある研究に関係していることに気づいた3人だったが・・・・。(映画.comより、一部編集)

 

 一作目があんまり楽しくて、しかも最後に2作目の予告編がついていたのでつい勢いで同日に観賞してしまった2作目。まずそもそも続きで何をやるのか、プラス、やるとしても面白くなるのか、という疑問があった。しかし、観賞済みの人の感想で「驚いた」という賞賛の声を聞いていたので、とりあえず観てみると・・・・。

 本作についてはネタバレあり・なしでわけたほうがいいだろう。ネタバレなしでいえることとして第一には、「できる限り同日中~数日中に2作目を観たほうがいい」ということ。ほぼ物語的にもテンション的にも連続しているので、普通の映画の続編のように数年後に観たりするようなことはせず、キャラクターに愛着が湧いているウチに続けざまに観るとより、楽しめるだろう。

 

 そう、本作はキャラクターの内面を掘り下げた続編。ジャンルムービーは通常、人物造形を掘り下げるというよりお話の仕掛けや枠組み、アイディアを楽しむものだと思うが、本作の主人公・ツリーは1作目を見るとわかるようになかなか強烈なキャラで、彼女をさらに楽しむためにどうするか・・・・となったときに、「こうするか」というアイディアが出てきたのではないだろうか。

 なので、1作目で彼女が気に入らなかった人はわざわざ観る必要はないだろう。そして、2作目を彩るもう一つの大切な要素は「ジャンルムービー」そのもの。1作目は基本的に青春もの&ループもの&サスペンス&ホラー(&ミステリー)だったが、さて2作目は・・・・。

 

 最終的には1作目よりも深まった物語で涙と笑いを誘ってくれる良作。気になるくらいなら是非観て欲しい。以下はネタバレありで。

 

 

 

 

****************以下ネタバレあり**************

 

 

 

 

 さて、2作目は果たしてどう出るか、と楽しみにしていたが、まさかのメインジャンル変更という荒技で全く別物に仕立ててくるとは思わなかった。まあ、ホラー路線を続けても「さらに激しくする」以外やることがなくなってくるのだから、この判断は正解なのだが。

 殺人鬼ホラー映画という印象を2作目からはほぼ受けないだろう。それよりももちろんメインのオマージュ元は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。次元移動のために青年たちが奮闘する姿は、青春SF映画の王道そのもの。無理解で横暴な大人、恋愛、親子愛。今年公開の新作なのに、どこか「懐かしい」と感じさせてくれる。

 

 正直言えば、1作目以上にごった煮感が強まっているので、気に入らない人は「散らかっている」と感じてしまうだろう。しかしこれも意図的なものかも知れない。自分たちの好きなものをこれでもかと詰め込み、遠慮がない。尺もギリギリ、観ようによっては内容の割りに足りていないぐらいである。

 しかし、本作はやはり1作目での魅力的だったあまたの登場人物を再登場(というか追加の新キャラはごく少数)させ、どんな過去、どんな秘密、どんな内実を抱えているかを描き出し、さらに描くことが出来ないor描く必要がない人物については、別世界の同一人物ということで人間性を変えてまで描き出している(笑)。

 

 この多世界解釈の導入のおかげで、同じことに繰り返しではない物語が生まれ、きちんと1作目での成長の上で主人公に描くべき問題が生まれているのが上手い。母か彼か、という正解の出しようのない難題に、真剣に悩み苦しむ姿は共感を呼ぶ。しかもその難題に、きちんとストーリーを通じて納得のいく「答え」を導き出している。

 大体、映画の続編は1作目のヒットを受けてのことなので大してやることがなく、結局薄っペラな二番煎じになりがちなのだが、本作はそれを避け、さらに最近ありがちな「1作目を観てないあなたも観れます!」的な発想を完全に無視した完全続編という割り切りスタイル。1作目をきっちり見ていないとさっぱり訳がわからない作品に仕上がっている。それだけでも今時珍しいすがすがしさがあった。

 

 母との対話の下りは、思いもしない涙を誘う。1作目よりも訴えかける内容は格段に深みを増し、見応えがあった。人生の選択は、過去を見るより未来に向かって。本作もよい意味でハリウッド映画らしい前向きでまっすぐなメッセージを打ち出してくれる。こういう、尺が100分以内の気軽に観られて幸せになれる誠実で職人的な良作が、もっと増えてくれるといいんだけどなあ・・・・。

『ハッピー・デス・デイ』★★★★☆


ハッピー・デス・デイ (2017) - シネマトゥデイ

直球だけれど全力で描く、アメリカらしい良作青春ホラーコメディ

あらすじ

イケてる女子大生で遊んでばかりのツリーは、誕生日の朝も見知らぬ男のベッドで目を覚ます。慌しく日中のルーティンをこなした彼女は、夜になってパーティに繰り出す道すがら、マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。しかし気がつくと、誕生日の朝に戻っており、再び見知らぬ男のベッドの中にいた。その後も同じ一日を何度も繰り返すツリーは、タイムループから抜け出すため、何度殺されても殺人鬼に立ち向かうが……。(映画.comより)

 

 評判は聞いていた良作だが例によってホラー苦手なのでなかなか手を出せず。いざ観賞してみると、わりとちゃんとホラーしていたがそれでも何とか観ていられるくらいで、さらにネタやテンポ、主演の芝居でバリバリ笑わせてくれる良作。

 アイディアについては上記のあらすじ通り、ループもの×ホラー映画というジャンルムービーらしいもので、まずはこの一発で考え始めた作品なのだろうとわかる。映画好きの人が観ればあの名作『○○は○○○○』へのオマージュだとすぐわかるだろう。

 

 ホラー映画で即死間違いなしのザ・ビッチ感まるだしな主人公・ツリーが、謎のマスク男に何度も何度も何度も殺されてしまう。実は本作、この主人公含め登場人物のキャラクターが非常によい。同じ行動の繰り返しになるループものではやはり登場人物に愛着が湧かないとつらいものがあるが、ここは脚本も主演の芝居もよく、飽きずに見せてくれる。

 言ってしまえばメッセージ性も何もない(笑)。説教臭いことをやるのかと思いきや結局やらなかったり、という流れで90分強、笑ってビビってにやりとして、満足して映画館を出られる、「深夜にテレビでやってたらつい最後まで観ちゃう」系の作品。でも、ハリウッドの青春映画というのはそういうものであってほしいのだ。

 

 アメリカの学生たちのノリと勢い、青春のとある日を通り過ぎて間違いなくちゃんと成長する子どもたち(日本映画のように成長したようなしていないような・・・・というまどろっこしさはない! 少年少女は成長する! 人生は前を向いて進んでいく!)。

 もちろん、上述のように過去の名作への目配せを随所に忘れない、でも難しいことは1ミリも考えなくても観られる。ちなみに監督は『ゾンビーワールドへようこそ』と同じ。ノリも大体同じ(笑)。気軽に映画を楽しみたいときは是非。

 

 そしてよろしければ、同時に続編の『ハッピー・デス・デイ 2U』も・・・・。