週に最低1本映画を観るブログ

毎週最低1本映画を鑑賞してその感想を5点満点で書くブログ。★5つ=一生忘れないレベルの傑作 ★4つ=自信を持って他人に勧められる良作 ★3つ=楽しい時間を過ごせてよかった、という娯楽 ★2つ=他人に勧める気にはならない ★1つ=何が何だかわからない という感じ。一部ネタバレありなのでお気を付けください。

『ボヘミアン・ラプソディ』★★★★☆


映画『ボヘミアン・ラプソディ』最新予告編が世界同時解禁!

 クイーンは父親が持っていたCDで子どもの頃からよく聞いていた。といっても知っているのはいわゆる超有名曲だけ、『ボヘミアン』以外だと『ウィー・ウィル・ロック・ユー』とか『ドント・ストップ・ミー・ナウ』とか、クイーンを知らない人でも普通に知っている程度の曲しか知らない。フレディの人生については、ゲイでエイズに冒されて亡くなった、以外はほぼ何も知らなかった。彼らの曲自体は好き。

 

 評価が非常に高いので、期待高めで観賞。胸熱く涙する直球の自伝映画で、何か「画期的」「新しい」と感じるところはなかったが、そんな細かいことはともかく、クイーンの曲を大いに楽しめる1作だった。エンドロール後は館内に拍手が起こるほど。『グレイテスト・ショーマン』が気に入った人はきっと嵌まる作品だろう。


Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13 [Best Version]

 こちらが実際にクイーンが行った1985年の『LIVE AID』でのパフォーマンス。映画は、クイーンの結成からこの日のパフォーマンスへ至るまで全てを追う物語になる。てっきり、『スティーブ・ジョブス』のように、重要なポイントに絞り込んだ伝記になるのかと思っていたからだ。当然、人生の全体を描くとなると駆け足になってはしまう。

 実際、本作でも失敗や苦難はほとんど描かれず、フレディのシンデレラストーリーがばたばたと語られていく印象はある。実際には最初から成功の連発というわけではなかったようだが、映画上では『ボヘミアン・ラプソディ』の成功までほぼ何の引っかかりもなく進んでいく。希代の天才としてのフレディの成功は、感情移入出来ればこの上なく気持ちよい。フレディという人物は、問題も多かったが最高にカリスマ性のある、魅力的な人間だったのだと心から理解出来た。

 

 そして、中盤からは自分のセクシュアリティと周囲との関係性で悩み、道に迷うフレディの姿が描かれる。この時代にゲイとして生きることの困難さ、絶望が痛いほどに伝わる見事な演出と演技だった。大切な人との出逢い、ようやく訪れる夜明け、彼にやってくる辛い運命、それすらも飲み込み、乗り越えて仲間と共に、再び舞台へ立つ。1人の英雄の物語として、極めて明瞭に描き出されている。

 ただ、あまりに明瞭すぎる、ともいえる。彼の最初の妻であるメアリーの描写はアレで充分なのか? なぜ彼女とつきあい、結婚し、障害を友人として過ごすに至った? 他のバンドメンバーや、ブライアン・メイとの関係は? 要は、全てがフレディの人生を描くために準備されているので、深まりがないのだ。

 

 更に言えば、解釈の揺らぎを見いだす余地がない。制作側から「これが正解」と提示されているかのようなので、「もしかしたらこういうこと?」と深読みをすることができない。ここでこうなってここでこう感じたからこう、という、フレディ・マーキュリーの人生の読み取り方が、極めて明快に示されている。要は、文芸性は一切無いのだ。

 もし、フレディとメアリーの人生を中核に据えていたら、複雑な感情を描いた全く違う映画になっただろう。本作はあくまで、「フレディというスターの生涯」という英雄譚なので、おそらく誤解の余地すらない。良くも悪くもシンプルで、そこに食い足りなさを感じる可能性はある。冒頭に書いたように、伝記映画としての表現技法の斬新さもないので、そういった映画表現としての冒険も期待しないほうがいい。

 ライブシーンも、見る限りもはやパーフェクトに再現しているのだが、パーフェクトすぎてだったら本物でいいのでは・・・・と少し感じてしまう。まあ、映画のストーリーの中で観るからこその興奮もあるので、これは贅沢な意見だろうか。

 

 いろいろ書いたが、コピーバンドなども動員して作り上げたクイーンのパフォーマンス再現は見事で、二時間たっぷり彼らの音楽を楽しませてくれる。明日からをクイーンの音楽と共に気持ちよく過ごしていける、そして彼らのことが更に好きになる、愛すべきエンタテインメント作品だろう。

 

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

 

  ちなみに期待通りサントラがイカしてるのでぜひ。OPのあれ、やっぱりクイーンによるものだったんだね(笑)。『Don't Stop Me Now』のギター新録バージョンとか、特に熱くて好きです。

『ヘルボーイ』★★★★☆

 

ヘルボーイ [Blu-ray]

ヘルボーイ [Blu-ray]

 

  デル・トロ監督の初期作品。ネットフリックスで視聴期限が切れるので慌てて観賞。異形を愛する監督らしい、優しくセンスに満ちた作品。

 

 とにかくヘルボーイのキャラクター造形が圧倒的に見事。外見はプロレスラーのよう、地獄から来た化け物、何をしてもダメージを受けない強靱さ。しかし中身はまるで思春期の少年で、恋に盲目。恋愛のライバルが現れると前後不覚になり、ペットは猫、食べるものはジャンクフードばかりで、普段は部屋に籠もってテレビばかり観ている。

 愛するしかないような可愛さと強さを兼ね備えたキャラで、闘いとなったらとにかく頼れる。相方の半魚人もヒロインも、育ての親の博士も、ついでにちょっとしたお付きのFBIたちも、皆愛すべき人物像。単にカッコいいだけではなく、きちんと弱さも兼ね備えた設定はとにかく絶品。

 

 また、舞台設定のうさんくささも、その描写も、実に程度を弁えていて、やり過ぎていて醒めたり滑ったりすることもなく、ユーモアを終始たたえている。マジメすぎてもこの手のオカルト系ファンタジーは興ざめなのだが、どこか少しとぼけた雰囲気なので気持ちよく嘘に浸ることが出来る。

 もちろん、単にオカルトオタク的な設定が乱舞するだけでなく、そうしたものに興味の無い人にも刺さる物語性、メッセージ性もしっかり備えている。ヒーローものとしては比較的昔の作品だからか、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』的まとめの言葉も存在している。

 

「何に生まれるかではない。何を選ぶかだ」

 

 それはモンスターだけに当てはまる言葉ではない。

 CGの質自体は、すでに15年以上前の作品ということで気になるところはあるが、逆に実際にセットで作って撮影している部分が多いので、そうした造形物の見応えは存分にある。かわいい化け物を観たければオススメの良作。続編を見るのも楽しみ。

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』★★★★★


映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』予告篇

 人に誘われて観賞。タイで大ヒットを記録した、カンニングサスペンスムービー。いい意味で想像を裏切る、緻密な脚本の良作。

 

 まず、邦題は正直ちょっと、ミスリードになっているだろう。『バッド・ジーニアス』だけのほうがいいかも。原題も念のため調べたが、『ゲームの悪知恵』というタイ語らしく、これもちょっと内容から受ける印象とは違っている。

 このあたりのタイトルだとカンニングの方法で窮地を緻密に乗り切る『オーシャンズ11』のような感じに思えるだろうが、実際は「青春映画」としての趣が強い。それもかなり、ビターな。個人的には『スラムドッグ$ミリオネア』を思い出した。

 

 観賞している間、中間部当たりまでは「まあまあかな」ぐらいに感じていた。★3つレベルかと。面白いは面白いけれど、カンニングの手段が圧倒的に画期的なわけではなく、見つかるかも知れないという緊張感以外は取り立てて素晴らしいと感じるところは少ないかな、とすら思えた。非常にテンポがよく、無駄な説明も片っ端から省いているので一切ストレス無く観られるのが長所かな、ぐらいの印象である。

 ところが、中間部以降でとある「事実」が明かされた後から、事態は急激に転換していく。それまでの比較的平穏なパートもすべて、この後半部分へ向けての周到な伏線になっていたことが明らかになる・・・・という書き方をすると『カメ止め』のようなイメージになってしまうが、そうではない。力強いどんでん返しというよりは、いたって自然な流れで気づけば取り返しのつかない場所に来てしまっている・・・・という印象である。

 

 とにかく物語の流れが自然かつ緻密で、しかもそれがあまりに自然なので「上手いやろ!」とドヤ顔で誇っているようにも感じられない。後から考えると「ああ、あれもあのために・・・・」と意図を理解するくらいだった。上記の「転換点」のあと、噴出するようにそれまで堪えられていた問題が表面化してくる。それは登場人物の問題であり、同時に(おそらくはタイの、そして他の多くの国の)社会問題でもある。

 本来は人間を公正に審査するために存在しているはずの「試験」が形骸化し、金と権力のやりとりの場に堕し、実力を測るのではなく、試験に通ることそのものが目的化していく。その不気味さがあくまで「青春物語」として「さわやかに」描かれているのが、この作品の上手いところだろう。とある人物の本物の「絶望」を扱っているこの作品は、ダークに描こうと思えばいくらでも出来たはずなのだが、徹頭徹尾、そうは感じさせないようにみせている。

 

 また、予告編でも登場している「事情聴取シーン」も非常に上手い。これもまたミスリードとして機能している。ああしたシーンが入ることで、映画好きであればあるほど、「ああ、こういう構成の映画か」と思い込んでしまうだろう。たとえば『ミッション・インポッシブルIII』のように。

 しかし、このシーンの意味がわかった直後、こうした筋の予測を立てていた人ほど、物語の行き先が全くわからなくなる。次に何が起こるのかすら一切想像が出来ない不安定状態に置かれ、シンプルなサスペンスながら未曾有の緊張状態に観客を置く。定型かと思わせておいてそれを自然な流れで壊していくというアイディア、線路から突然放り出されたような感覚は、初めて味わうものだった。

 

 驚くべきことに、本作にはほぼ全く説明セリフや説明ナレーションが存在しない。複雑なクリミナルサスペンスであるにもかかわらず、画面上の描写のみですべてを乗り切ってしまう描写のうまさ。脚本が書き上がった時点で、成功はもう約束されたも同然だったろう。

 サブ主人公が本当に貧乏であるのに対し、メインの主人公が決して、そこまで貧しくはない、中の下程度の家庭で育っている奨学生であることも、この物語を見事にしているポイントといえる。メイン主人公は、決して必要に迫られて不正を働いたわけではなかった。逃げることも断ることも出来たはずだった。劇中でも言及されるとおり、すべては主人公の選択が原因で起きた出来事である。

 

 極めて誠実に織り上げられ、ありきたりの形に逃げなかったこの物語は、最後の一瞬に至るまで観客を解放してはくれない。ラストで主人公が選んだ選択肢、もう一人の主人公が選んだ選択肢。その二つの選択が突きつける無数の問いかけ。「正しい」振る舞いとは何なのか。この物語に悪い人物はいるのか。

 文芸性もエンタメ性も兼ね備えた傑作。

『デス・レース2000年』★★★☆☆

 

デス・レース2000年 (字幕版)

デス・レース2000年 (字幕版)

 

  古典的カルト映画。タイトルの通り、遙かな未来である西暦2000年のアメリカで行われている殺人レースを描いた低予算カーレース作品。もうどこからどう見ても低予算で、やっていることも馬鹿馬鹿しいのだが、どうも目が離せない魅力がある。『ロッキー』でブレイク前のスタローンが悪役で出演。

 

 レースと言ってもたった5台で競争しているし、客は書き割りのようなのしかおらず、コースと言ってもその辺の道を爆走(フィルムを早回しにすることで)しているだけだ。主人公はお世辞にもカッコいいとは言えない面長の親父で、しかも陳腐なマスクにぴっちぴちのスーツ姿(なんか脚も短い)。超絶スタントというほどのアクションシーンは特にない。のだが、妙に終始、ひりついた印象が画面にある。

『マッド・マックス』(1作目)とか、『バニシング・ポイント』、『激突!』のような、欧米の何にも無い道をただただ走り続ける絵面というのは、たまらない虚無的な雰囲気を醸し出す。この映画も、車たちはチキチキマシン猛レースのような荒唐無稽な車だが、そのチープさも非現実感に拍車を掛けて、そんな中で命がけのレースをしている主人公らの奇妙な悲壮さを演出する。

 

 世界観は『1984年』的な全体主義監視社会のイメージ。予算不足の結果、万事が安っぽく、パーティ会場などもお寂しい限りなのだが、それはそれで歪んだ全体主義の結果のようにも見えるから面白い。「なんだかよくわからん偉いもの」に対して反感を持つ人々の皮肉な感情と怒りだけは詰め込まれている。

 レースの過程で人々は遊びがてら続々死んでいく。その設定は意外と考えられていて、何のためにレースが行われているのか、そのレースの中で何が起こるのか、はそれなりのルールが存在する。もっと作り込めば豪華にはなるだろうが、それによって失われる物もあるだろう。描かれていないことで漠然と想像されるこの世界の空っぽな雰囲気が、本作の魅力であるとも思えるからだ。

 

 大して要もないのに女性の裸が頻出するなどわかりやすい、ジャンクな娯楽映画。

『スパイナル・タップ』★★★☆☆

 

スパイナル・タップ [DVD]
 

  実在しない(落ち目の)ロックバンドに密着したドキュメンタリー風のモキュメンタリー映画。80年代のロックバンドあるあるを徹底しながら、バンドの演奏や曲そのものは妙に格好良かったりもして「それらしさ」の作り込みがいい。

 筆者のようにロックに詳しくない人間でも、どこかで観たことがある問題が山積していて細かく笑いを取ってくる。作風の大幅な変化、一部のメンバーだけがやたら入れ替わる、理由不明の食べ物へのワガママでもめ事発生、そして極めつけは、何にも出来ないのに口だけ出したがるメンバーの恋人のせいでバンドに不和発生(最大のあるあるはエンディング間際に登場してこれも笑わせてくれた)。

 あるあるを並べながらも「さすがにそれはねえだろ」と言いたくなるようなコメディ要素も挟み込んできて、にやにや笑わせてくれる。笑いの方向性はイギリス的というか、『The Office』あたりのノリに近いだろうか。ギリギリあり得そうであり得ない、でもあったらめんどくさいな、と感じさせる、監督と脚本家の悪意。

 ただ、幸いにしてそれだけには終わらない物語性も終盤に用意されている。作中での「ロックとは、国定公園でヘラジカを保護しているようなもの」(だったかな)という比喩は、優しく胸に響いた。さすがにこの手のロックバンドに何の興味も無い人からすると楽しめない作品だとは思うが、少しでもこうした音楽や娯楽産業の裏側に興味を持った人は楽しんで観られるだろう。

 

 ただ、現在だとこれをドキュメンタリーでやってしまった映画があるので、それを先に見てしまっている今だと少し微妙な気持ちも。

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~ [DVD]

 

  こちらもとってもいい映画。完全ノンフィクションです。

 

追記:

 本稿を書いてから調べてみたところ、この作品がモキュメンタリーの元祖に近い作品だということだった。完全にバンドの設定やキャラクターを作り上げた上で、ほとんどのシーンをアドリブで作り上げたとのこと。無知でお恥ずかしい。それゆえの圧倒的高評価なのだ。YouTubeで観られるロバート・秋山の「クリエイターズ・ファイル」シリーズの元祖とも言える。

管理人の愛する名画ベスト100【随時更新】

 ふと思い立って一度ぐらいこういう企画をやってみようと始めてみたが、やってみると想像以上に大変だった。簡単に埋まるのは50本ぐらいで、その後は一生懸命思い出しながら水準を下げないようにするので精一杯。まだまだ観賞本数が足りていないということだろう。

 

 正直、観賞しているのに忘れている作品もたくさんあると思う(『ランボー』を入れ忘れて100本目にくわえるという恥ずかしさ。2~4の印象に支配されてしまっていた。1作目は傑作)。

 ほとんどは一般的な名作だと思うが、一方でスピルバーグ作品が極度に偏っている、黒澤作品が入っていない、ジョン・フォード作品、ビリー・ワイルダー作品を入れ損ねた、マリリン・モンロー映画も入れたかったがちょうどいいのを見つけられなかった、など気になるところも残っている。

 

 以下、順不同であってランキングではない。筆者が他人に文句なく推薦出来る作品だけを並べた。また、随時入れ替わりうるものだと思う。管理人である筆者がどういう趣味の人でどういう作品を高く評価するのか、普段の映画感想文の参考ぐらいになると幸いである。シリーズ物で一部だけはいっている作品は、それ以前のシリーズ作品もおおむね鑑賞している。今後も定期的に更新していきたい。

 

 

1.『千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]

千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]

 

 

 2.『ハウルの動く城

ハウルの動く城 [DVD]

ハウルの動く城 [DVD]

 

 

 3.『崖の上のポニョ

崖の上のポニョ [DVD]

崖の上のポニョ [DVD]

 

 

4.『大いなる西部』

 

5.『ローマの休日

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) [DVD]

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) [DVD]

 

 

6.『風と共に去りぬ

風と共に去りぬ (字幕版)

風と共に去りぬ (字幕版)

 

 

7.『シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 

 

8.『ガメラ2 レギオン襲来』

 

9.『帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー [Blu-ray]

帰ってきたヒトラー [Blu-ray]

 

 

10.『007 スカイフォール

 

11.『ダークナイト

 

12.『ロッキー』

ロッキー (字幕版)

ロッキー (字幕版)

 

 

13.『ロッキー・ザ・ファイナル

 

14.『クリード

 

15.『ズートピア

ズートピア (吹替版)

ズートピア (吹替版)

 

 

16.『ゆれる』

ゆれる

ゆれる

 

 

17.『キングスマン

キングスマン(字幕版)

キングスマン(字幕版)

 

 

18.『カメラを止めるな!

カメラを止めるな!  [Blu-ray]

カメラを止めるな! [Blu-ray]

 

 

19.『バック・トゥ・ザ・フューチャー

 

20.『マッドマックス 怒りのデスロード』

 

21.『明日に向って撃て!

 

22.『マイノリティリポート』

 

23.『ゴッドファーザー

 

24.『ショーシャンクの空に』 

 

25.『戦場にかける橋』

 

26.『羊たちの沈黙

 

27.『素晴らしき哉、人生!

素晴らしき哉、人生!  Blu-ray

素晴らしき哉、人生! Blu-ray

 

 

28.『タクシードライバー

 

29.『ディア・ハンター

ディア・ハンター [Blu-ray]

ディア・ハンター [Blu-ray]

 

 

30.『鳥』

鳥 (字幕版)

鳥 (字幕版)

 

 

31.『山猫』

山猫 4K修復版 [Blu-ray]

山猫 4K修復版 [Blu-ray]

 

 

32.『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 

 

33.『ファイト・クラブ

 

34.『セブン』

 

35.『桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ
 

 

36.『スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア [Blu-ray]

スラムドッグ$ミリオネア [Blu-ray]

 

 

37.『ソーシャル・ネットワーク

 

38.『ドラゴン・タトゥーの女

 

39.『HANA-BI

HANA-BI [Blu-ray]
 

 

40.『ソナチネ

ソナチネ [Blu-ray]

ソナチネ [Blu-ray]

 

 

41.『フライト』

フライト (字幕版)

フライト (字幕版)

 

 

42.『激突!』

 

43.『未知との遭遇

 

44.『ゼロ・グラビティ

 

45.『トゥルー・ロマンス

 

46.『ビューティフル・マインド

 

47.『若おかみは小学生!

 

48.『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

 

49.『時をかける少女

 

50.『かぐや姫の物語

かぐや姫の物語 [DVD]

かぐや姫の物語 [DVD]

 

 

51.『コクリコ坂から

コクリコ坂から [DVD]

コクリコ坂から [DVD]

 

 

52.『ドラえもん のび太の宇宙開拓史』

 

53.『ドラえもん のび太の雲の王国』

 

54.『秒速5センチメートル

秒速5センチメートル [Blu-ray]

秒速5センチメートル [Blu-ray]

 

 

55.『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』

 

56.『名探偵コナン 時計仕掛けの摩天楼

 

57.『雨に唄えば

雨に唄えば (字幕版)

雨に唄えば (字幕版)

 

 

58.『アマデウス

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

アマデウス ディレクターズカット [Blu-ray]

 

 

59.『ワイルドバンチ

 

60.『十二人の怒れる男

 

61.『カッコーの巣の上で

カッコーの巣の上で (字幕版)
 

 

62.『マトリックス

マトリックス (字幕版)
 

 

63.『ライフ・イズ・ビューティフル

 

64.『暴力脱獄』

暴力脱獄 [Blu-ray]

暴力脱獄 [Blu-ray]

 

 

65.『インファナル・アフェア

 

66.『007 カジノ・ロワイアル』

 

67.『バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル

 

 

68.『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

 

69.『レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス [Blu-ray]

レザボア・ドッグス [Blu-ray]

 

 

70.『パルプ・フィクション

パルプ・フィクション (字幕版)
 

 

71.『月に囚われた男

 

72.『インターステラー

 

73.『スパイダーマン ホームカミング』

 

74.『ゴジラ

ゴジラ

ゴジラ

 

 

75.『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ

 

76.『太陽を盗んだ男

太陽を盗んだ男 [DVD]

太陽を盗んだ男 [DVD]

 

 

77.『スティーブ・ジョブズ

 

78.『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』

 

79.『アメリカン・ビューティー

 

80.『ナイトクローラー

 

81.『ベイビー・ドライバー

 

82.『ミッション:8ミニッツ』

 

83.『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』

 

84.『真実の行方』

真実の行方 [DVD]

真実の行方 [DVD]

 

 

85.『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

86.『クローバーフィールド

 

87.『アルゴ』

アルゴ (字幕版)

アルゴ (字幕版)

 

 

88.『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』


映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』予告篇

 

89.『アメリカン・スナイパー

 

90.『ザ・ウォーク

 

91.『リミット』

[リミット] (字幕版)

[リミット] (字幕版)

 

 

92.『第9地区

第9地区 [Blu-ray]

第9地区 [Blu-ray]

 

 

93.『ロード・オブ・ザ・リング

 

94.『さらば、わが愛』 

 

95.『地獄の黙示録

 

96.『ゴッドファーザー PartII』

 

97.『サウンド・オブ・ミュージック

 

98.『ホーム・アローン

ホーム・アローン (字幕版)

ホーム・アローン (字幕版)

 

 

99.『日本のいちばん長い日』

 

100.『ランボー

『トレマーズ』★★★☆☆

 

トレマーズ (字幕版)

トレマーズ (字幕版)

 

  カルト的人気と評判の1作。公開は89年。地底から襲い来る謎のモンスターと戦うモンスターパニック映画。予算規模の割りにはいろいろ頑張っているが、強く推すほどのポイントはない、といったところ。

 

 地下から襲いかかってくるモンスターの元ネタ・・・・というほどではないだろう。『スター・ウォーズ』にも近い化け物はいた。ただ、限られた資源の中で派手で見たことのない化け物との闘いを工夫して演出しているので大きく飽きるところはない。

 キャラクターはアメリカの田舎町にいかにもいそうなテンプレキャラ&ありがちインテリ女性キャラ、という特段工夫のない面子。パニック物としては十分だが、感情移入するほどの人物はいない。

 モンスターも、正体がわかってくるとなるほど、と思うが、やることがワンパターンなのでどうしても繰り返しになる。登場人物の行動も、至って常識人しかいないのでやはりこれも繰り返しになりがちでメリハリが利いておらず驚きが少なくなっていく。シナリオの都合かも知れないが、主人公たちが何度も何度も同じ道を行き来して危険を知らせてくるあたりはもうちょっと整理出来ないものかと思った。

 

 褒めるほどの緊張感もないが、批判する程よくないところもない。退屈しのぎぐらいなら十分な作品かと。しかしこのあと、何本も何本も作られている続編では何をやっているのだろう(笑)。